無農薬米(佐賀県産)


 佐賀の両親が育てている農薬不使用のお米を米粉やフレーク、パフ(ぽん菓子)に加工して使用しています。
また、米粉で製粉する前に出た米糠(こめぬか)も使用します。


米糠(こめぬか)を酸化防止剤を入れ保冷庫で保存し、製造ごとに煎ってグラノーラやクッキーに使います。
煎った米糠はフワフワしてとても甘く、材料に入れると奥深い香ばしい味がでます。

米糠はどんどん酸化が進みます。
農薬や化学肥料を使わないお米だからこそ安心して召し上がって頂けます。
新鮮、そして安心な米糠だから出来る素材です。


米粉は製菓用に気流粉砕で加工しています。
一般的な米粉よりも粒子が細かく、でんぷん損傷も少ない為、お菓子つくりが可能になります。
主にクッキーや焼きドーナツ(出店販売のみ)に利用してますが、
200gずつの個装での販売もお受けしています。


玄米フレークはモミ米から加工しています。
煎ったモミ米をあっぺんし、フレークのように平らにしています。
お湯をそそいでそのままでも召し上がれる非常食になります。
このフレークを使い、シロップや甘酒を練りこみグラノーラを作りました。
そのままではカリカリと香ばしく、ミルクやヨーグルトをかけて頂くとしっとりして小さなお子様にも食べて頂けるように柔らかくなります。


玄米パフ(ぽん菓子)は玄米を少しだけ削り(三分)加工しています。この時に出た米糠も使います。
味付けの前のパフも香ばしい味があります。


 
無農薬米